美容外科で整形をして容姿と人生を変えよう|チェンジザ容姿

ボトックス注射の利便性

医者

美容整形の人気が、年々高まってきています。その理由の1つが、プチ整形です。プチ整形とは、注射系やレーザー系の美容整形のことで、メスを使わずに施術ができるため安全性が高く費用も安いのです。そのプチ整形でよく使用されているのが、ボトックス注射です。ボトックス注射を行なえば、小顔を作ったりシワを解消したり、さまざまな美容効果を得ることができます。名古屋の美容外科で、ボトックス注射を打とうと思っているなら、ボトックスの効果や仕組みについてしっかり理解しておいたほうが良いです。ボトックスとは、ボツリヌストキシンのことで、アセチルコリンの働きを抑制する作用があります。アセチルコリンを抑制することによって、小顔やシワ、多汗症などに効果を発揮するのです。

顔が大きく見える1つの理由が、咬筋です。咬筋とは、食べ物を噛むときに使う筋肉のことで、この筋肉が発達するとエラが大きく突き出すので顔が大きく見えてしまうのです。咬筋は、筋肉なのでダイエットをしてもなくならないのです。そのため痩せても、顔が大きいままという方が多いのです。そこで活用できるのが、ボトックス注射なのです。名古屋の美容外科でボトックス注射を行なえば、筋肉を萎縮させることができます。そのため咬筋を使用できなくなって筋肉が弱まることで、小顔効果が期待できるのです。咬筋が弱くなったからといって、食べ物が噛めなくなるわけではありません。咬筋以外にも、噛む筋肉はあるので、ボトックス注射で咬筋を弱めたからといって食べ物が噛めなくなる心配はありません。

ボトックス注射は、シワ消しにも使うことができます。おでこや眉間、目尻にできる表情ジワは、名前の通り表情を変えたときにできるシワのことです。そのため一時的にできるシワなのですが、繰り返しシワが作ることによって、表情筋が緊張状態になって常にシワが現れるようになるのです。この表情ジワにも、ボトックス注射は、効果を発揮します。ボトックス注射をして、筋肉の緊張状態を弛緩させることで、シワが目立たなくなるのです。また、多汗症にもボトックス注射は使用することができます。多汗症の原因は、アポクリン腺やエクリン腺の活動です。ボトックスの作用で、これらの活動を抑制することで、多汗症の改善ができるのです。

名古屋の美容外科で受けられるボトックス注射は、体にかかる負担が少ないです。メスを使うような切開術は、ダウンタイムが長いため、気軽に行なうことはできます。しかしボトックス注射は、切開をせずにボトックスを注入するだけで良いので、気軽に受けられます。また、ボトックスの量や注射の位置などを調整すれば、細かくデザインを作ることも可能です。多くの利点があるボトックス注射ですが、注意点もあります。それは即効性がないことです。効果を実感できるまでには、シワ消しの場合2日~3日、小顔効果は2週間~1ヶ月ほどかかります。また、効果持続期間も3ヶ月~6ヶ月ほどしかないので、効果を持続させるためには定期的に施術を受ける必要があります。注意点を把握しておくと、安全にボトックス注射を行なうことができます。名古屋には、沢山の美容外科が存在しますので評判のいいところを選んで足を運ぶといいでしょう。