美容外科で整形をして容姿と人生を変えよう|チェンジザ容姿

レーザーの特徴

婦人

脱毛をしたいなら、エステか美容外科を利用するのが一般的です。エステの場合は、料金が安いため気軽に利用しやすいというメリットがあります。それに対して名古屋の美容外科は、高い脱毛効果を得られるというメリットがあります。ですから確実に脱毛をしたいという方は、名古屋の美容外科で医療レーザー脱毛を受けると良いでしょう。医療レーザー脱毛とは、医療レーザー機を使用する脱毛のことです。使用するレーザーの種類やレーザー機器は、名古屋の美容機関によって異なります。レーザーの種類やレーザー機器の種類が変わると、効果や痛みなども変わってくるので注意したほうが良いです。

多くの美容外科で使用されているポピュラーなレーザーが、アレキサンドライトレーザーです。アレキサンドライトレーザーは、日本人の肌のメラニン量と相性が良いという特徴があります。また、1発の照射範囲が広いため、広範囲の部位を施術する際も少ない施術回数で済みます。レーザー機器によっては、施術者の力量によって仕上がりに差が出ることもありますが、アレキサンドライトレーザーの場合は、中空照射になっているので施術者の力量に大きく依存しないのです。そのため安定した脱毛効果を得ることができます。ただ、日焼けしている肌には効果が出ないことが多いです。日焼けした肌に対応しているのは、ダイオードレーザーです。ダイオードレーザーは、半導体を用いて作られているレーザーで、波長を変更することができます。日焼けした肌にもある程度対応していますが、基本的に接触照射となるので、脱毛する際はジェルが必要になります。ですからジェルが苦手という方には向いていないですし、ジェルによって体が冷えることもあるので気をつけたほうが良いです。アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーよりも、肌の奥まで届くのが、YAGレーザーです。YAGレーザーなら、肌が黒い人にも使えるのですが、火傷のリスクが高いため導入している美容外科は少ないです。また、レーザーの照射範囲が狭いので、広範囲の脱毛には向いていないです。

日本国内で最も導入台数が多いレーザー機器が、ジェントルレーズです。ジェントルレーズは、ロングパルスアレキサンドライトレーザーを用いた機器のことで、脱毛ができるだけではなくシミやそばかす、ニキビなどの改善をすることもできます。そのため美肌治療にも活用されています。名古屋の美容外科の中には、ライトシェアデュエットを導入しているところもあります。ライトシェアデュエットは、ダイオードレーザーを用いているレーザー機器で、肌に与える負担が少ないです。また、照射口が大きいため、従来の3分の1ほどの施術時間に抑えることができます。レーザー機器の中でも、特に新しいのが、メディオスターNeXTです。バルジ領域という発毛に関わる幹細胞を破壊することができるレーザー機器で、日焼けした肌や、肌の色が黒い人にも施術ができます。このようにレーザーやレーザー機器によって、特徴は大きく変わってくるので、それを理解した上で名古屋の美容外科を利用したほうが良いです。医療レーザー脱毛を得意としている名古屋の美容外科の中には、複数のレーザーを部位や肌質によって使い分けているところもあります。そのような美容外科なら、トラブルが起きる可能性も低いですし、得られる脱毛効果も高いです。