美容外科で整形をして容姿と人生を変えよう|チェンジザ容姿

3つの豊胸術

鏡を見るレディ

名古屋の美容外科で豊胸を行なえば、胸を大きくすることができます。豆乳を飲んだり、エクササイズをしたりバストアップをすることも可能ですが、それでは効果が出るまでに時間がかかってしまいます。名古屋の美容外科で豊胸をすれば、すぐにバストアップの効果を実感できるのです。たくさんの豊胸術がありますが、大別するとプチ豊胸と脂肪注入系、人工乳腺の3つに分けることができます。プチ豊胸とは、メスを使わずにバストアップできる豊胸術のことです。ヒアルロン酸やプラズマジェルなどを注入するだけで、バストアップができるのです。そのためダウンタイムはほとんどないですし、施術時間も短いので体にかかる負担が少ないです。ただ、サイズアップは2カップほどが限界ですし、持続効果も短いです。一時的な効果しかないですが、初めて豊胸をするという方にはぴったりです。

脂肪注入術やピュアグラフト、コンデンスリッチなどを行なって豊胸をすることもできます。この方法なら、自分の体の不要な脂肪を胸に注入して、バストアップすることができます。自分自身の脂肪を使用するので、拒絶反応が出にくいですし、見た目や感触も自然です。しかし吸引部分に傷跡が残ってしまったり、しこりや石灰化が起こったりすることもあります。木になる部位の脂肪を減らすことができ、胸を大きくできるため一石二鳥です。ただ、痩せている人はあまり脂肪を取ることができないため、大幅なサイズアップができないこともあります。

大幅にバストアップしたい場合は、名古屋の美容外科でシリコンバッグを挿入すると良いでしょう。注入系の豊胸術と違って、効果が半永久的に持続しますし、5カップ程度のサイズアップをすることも可能です。5カップ以上のサイズアップができるのは、シリコンバッグ挿入の大きな魅力なのですが、メスを使う施術なので傷口が目立ってしまうこともあります。また、異物を挿入するので、人によっては拒絶反応が起こる場合もあります。リスクがある豊胸術なので、名古屋の美容外科でシリコン挿入をする際は、信頼できる医師に担当してもらうことが大切です。